Pocket

【サンクスレポート】理科意匠研究室Ⅲ

沢山の方にお越し下さりありがとうございました!

9805

理科意匠研究室Ⅲのサンクスレポートはコチラ

天体観測展を控えているという事で、天体ものステッカー新作が多め。
宇宙飛行士がはやくも品切れ!ありがたいことです。次回の出店時にも多めに持っていこうと思います。

 

こっからは、ミツボシカガクのMARIKOとしてとだけじゃくて、制作活動全部を通して…全て自分による自分のための意見。

ミツボシカガクの理科系ステッカー制作販売とペン画の食べ物&女の子イラスト、この二つが自分の制作活動の主軸です。
これ以上減らすことも増やすことも、きっとないと思いますし増減しちゃならないとも思っています。ブレてしまう原因ですしね。

動機は「やりたい・実現してみたい」そのために「お金」が必要。そしてそれは「楽しい」
3つで1セット、どれが欠けてもだめだし、バランスも大事。
これが現実で根っこなんじゃないかなと。むき出しでカッコつけてない、恥ずかしいしがっつき過ぎだけど、ぼかしちゃいけない事。
この答えにたどりついたとき、自分のなかでのモヤがとれたような気がしました。

それって企画運営も同じなんじゃないかなと、理意研3終わってから気付きました。
自分は博愛精神は薄い(笑)ので使命だとか、誰かのためだとか、それだけじゃ運営責任者になっちゃいけない。
やっぱ自分がまず、自分のためにイベント開催が必要になった時に、会場のイメージが膨らんで、
他人を巻き込んで、お客さまにいっぱいきていただいて、感謝される(笑)情景が思いうかんだ時に、運営責任者になれるんじゃないかしら。
そのイメージに共感してくれる人を大事にしながら、一緒にイベントを作っていく。

一人で運営大変だねと言われたりして一時「そうだな…」と思った事もありますが、そりゃ違うなと。
自分が開催しよーぜ!って言っているのだから、そりゃ何時何時でも運営の主軸になるのは当たり前。
愚痴をきいてもらったり相談させてもらったりはありますが、ある程度一人で進めることも必要だと思います。
自分がそういうスタイルなんだな、と。
うまくいかない時、博愛精神じゃあ乗り越えられませんでしたね。

言い訳みたいになっちゃいますけど、
企画運営として、社会人として、まだまだ半人前です。
ミスる事もこれから沢山あるだろうけど、どうぞよろしくお願いします。

と、言う訳で次回理意研は、ちょっと間が空くと思います。
ミツボシカガク単体としてはぽつぽつ出る予定なので、見かけた時はまた遊びに来てください☆


メッセージおまちしております!コチラをクリック☆